致道博物館




| 致道博物館の創立 | 歴史的建造物の保存と展示公開 | 国宝重要文化財など収蔵品 | 致道博物略年表 |

致道博物館の創立

 1950(昭和25)年、旧庄内藩主酒井氏によって地方文化の向上発展に資することを目的に土地、建物および伝来の文化財などが寄附され、財団法人以文会が設立されました。1952(昭和27)年には博物館法の成立に伴って「財団法人 以文会立致道博物館」と改め、その後、1957(昭和32)年に「財団法人 致道博物館」と改称しました。「致道」の名称は江戸時代の庄内藩校「致道館」に由来したものです。
 当館地内は鶴ヶ岡城の三の丸にあたり、古くは庄内藩の御用屋敷地で広壮な屋敷が建てられていました。現在は、幕末に建てられた藩主の隠居所である「御隠殿」とよばれる建物の一部が残っており、御隠殿の奥座敷からは国指定名勝の「酒井氏庭園」を望むことができます。










| 致道博物館の創立 | 歴史的建造物の保存と展示公開 | 国宝重要文化財など収蔵品 | 致道博物略年表 |



歴史的建造物の保存と展示公開

 1956(昭和31)年には収集した民俗資料を展示する「民具の蔵」を開設し、以降、1957(昭和32)年には旧鶴岡警察署庁舎(明治17年創建)、1965(昭和40)年には田麦俣多層民家旧渋谷家住宅(文政5年創建)、1972(昭和47)年には旧西田川郡役所(明治14年創建)がそれぞれ移築保存されました。
 これら歴史的建造物は、庄内に残る貴重な文化遺産であり、多くの人々の協力によって今も大切に守られています。建物内では考古・歴史・民俗資料などを常設展示し、江戸時代の古民家、明治時代の建築物、それぞれのおもむきも一緒に楽しみながらご観覧いただいています。
 1961(昭和36)年には、新しく美術展覧会場を開設し、会場内では絵画や彫刻、工芸品などを紹介するほか、庄内の歴史・文化を知るための企画展示を催しています。1982(昭和57)年には、重要有形民俗文化財に指定されている資料のうち7件3,550点を収蔵する重要有形民俗文化財収蔵庫が竣工、保存管理の面で差し支えない範囲で民俗資料を公開しています。
 また、1983(昭和58)年には、松ヶ岡開墾記念館が開館、1990(平成2)年には、「庄内の米作り用具」1件1800点が重要有形民俗文化財に新たに指定され、1993(平成5)年に重要有形民俗文化財松ヶ岡収蔵庫が竣工しました。 2013(平成25)年には、指定管理者制度のもと、鶴岡市教育委員会より藩校致道館の管理運営を受託しました。また、その前年の2012(平成24)年には、公益法人改革に伴って公益財団法人に移行し、「公益財団法人 致道博物館」として新たなスタートを切っています。


旧西田川郡役所 旧鶴岡警察署庁舎創建当時 移築前の渋谷家外観










国宝重要文化財など収蔵品

 公益財団法人致道博物館では、文化庁文化遺産オンラインに収蔵品を登録しています。
 *文化遺産オンラインのリンクページでは、作品20件が表示されます。さらに作品をご覧になる場合は「 + 連想検索」ボタンを一度押してから、
   ページリンクボタン(数字)をクリックしてご覧下さい。







| 致道博物館の創立 | 歴史的建造物の保存と展示公開 | 国宝重要文化財など収蔵品 | 致道博物略年表 |



致道博物館略年表
平成25年 2013 国指定史跡旧庄内藩校致道館の指定管理受託。
旧鶴岡警察署庁舎 修復工事始まる。(平成29年度まで)
松ヶ岡4番蚕室修復工事終了
平成24年 2012 公益法人改革に伴い、「公益財団法人 致道博物館」に移行。
松ヶ岡開墾記念館・四番蚕室(農具館)を取得。
6月から8月まで旧西田川郡役所2階屋根天井等の修復工事
松ヶ岡4番蚕室修復工事
平成21年 2009 旧鶴岡警察署庁舎が国の重要文化財に指定。
2月、経済産業省近代化産業遺産群続33ー東北地方の産業振興を築いた分野に旧西田川郡役所、旧鶴岡警察署、
国指定史跡松ヶ岡 開墾場蚕室が認定。

観光ガイド日本編「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で下記の評価を受ける。
酒井氏庭園☆☆、西田川郡役所☆、旧渋谷家住宅☆、旧鶴岡警察署庁舎☆、民具の蔵☆
平成20年 2008 3月、日本ファッション協会日本クリエイション大賞地域文化賞受賞
平成9年 1997 酒田の公益財団法人 本間美術館と姉妹館盟約を締結。
平成8年 1996 重要文化財旧西田川郡役所玄関ポーチ・ベランダ部分保存修理工事完工。
平成7年 1995 9月、荘内日報社荘日賞文化賞受賞
平成5年 1993 6月、重要有形民俗文化財松ヶ岡収蔵庫竣工。
松ヶ岡開墾記念館運営受託。
旧鶴岡警察署庁舎応急補強工事。
平成4年 1992 10月7日高円宮殿下・妃殿下ご来館
平成3年 1991 美術展覧会場建物全面改修工事。
平成2年 1990 3月、「庄内の米作り用具」1800点、重要有形民俗文化財に指定。
昭和61年 1986 3月第8回山本有三記念郷土文化賞受賞
8月7日常陸宮殿下・妃殿下ご来館
昭和57年 1982 10月、重要有形民俗文化財収蔵庫竣工。
昭和56年 1981 旧鶴岡警察署庁舎緊急保存修理工事。
昭和51年 1976 8月、「庄内浜及び飛島の漁撈用具」1937点、重要有形民俗文化財に指定。
12月酒井氏庭園が名勝指定うける
昭和48年 1973 10月三笠宮殿下・妃殿下ご来館
昭和47年 1972 旧西田川郡役所(明治14年創建)を移築復元(昭和44年重要文化財に指定)。
8月、「庄内および周辺地のくりものコレクション」250点、重要有形民俗文化財に指定。
8月皇太子殿下・同妃殿下ご来館
1月、河北文化事業団河北文化賞受
昭和46年 1971 10月、酒井氏庭園の修理復元竣工(昭和51年国指定名勝に指定)。
12月、「大宝寺焼コレクション」234点、重要有形民俗文化財に指定。
昭和45年 1970 10月鶴岡市市制施行(55年)記念して当館が表彰される。
昭和41年 1966 6月、「庄内の仕事着コレクション」126点重要有形民俗文化財に指定。
4月致道博物館東京協力会(東京友の会)発足
2月山形新聞3p賞平和賞を受賞
昭和40年 1965 田麦俣多層民家旧渋谷家住宅(文政5年創建)を移築復元(昭和44年重要文化財に指定)。
昭和39年 1964 5月、「庄内の木製酒器コレクション」77点、重要有形民俗文化財に指定。
昭和38年 1963 5月、「庄内のばんどりコレクション」116点、重要有形民俗文化財に指定。
昭和36年 1961 5月、鉄筋コンクリート造の新館「美術展覧会場」開館。
10月温海において天皇皇后両陛下に民俗資料天覧
昭和35年 1960 10月義宮(常陸宮)殿下ご来館
11月、文化財保護委員会(現在の文化庁)より文化財保護尽力につき表彰。
昭和32年 1957 1月、財団法人 致道博物館と名義を変更。
旧鶴岡警察署庁舎(明治17年創建)を移築復元(平成21年重要文化財に指定)。
11月、山形県より斎藤茂吉文化賞受賞。
昭和31年 1956 民俗資料展示場として「民具の蔵」開設。
昭和29年 1954 7月 山形県教育委員会より社会教育功労表彰
昭和27年 1952 3月、新たに施行された博物館法により「財団法人 以文会立 致道博物館」として登録。
昭和25年 1950 6月、財団法人以文会を設立し、展示活動を開始。