旧鶴岡警察署庁舎修復工事進捗状況



平成25年9月より事業開始

重要文化財:旧鶴岡警察署庁舎保存修理工事(平成25年11月〜平成30年6月)
この建物は、明治17年に創建され、昭和32年にこの場所に移築されました。
昭和39年の新潟地震の影響による基礎の沈下など、保全困難な状態となったため、半解体し保存修理工事を行っています。
完成時には、明治17年の創建当初に復元されます。



■ 塗装からファイニアル設置まで:平成29年8月










■ 小舞掻き(こまいかき)作業!:平成29年4月






■ 組立工事まもなく終了!:平成29年1月







■ 曳家を移動した理由:平成28年7月



■ 棟端飾り(むなはしかざり):平成28年5月


■ 曳き屋、曳き家(平成28年4月)


■ 揚げ屋工事について


■ 基礎コンクリートの流し込み段階(平成27年10月)

1階の事務室のあたり。
耐震補強のため、基礎にコンクリートを
流し込んだところ。
 
コンクリートの打ち込みが完了したところ。



■ 揚げ屋完了(平成27年7月)
文化庁の指導により、組立作業は「明治17年の創建当初」を目指すこととなった。それに伴い、工期が平成30年まで延長されることとなった。

1階正面入り口。
地上から70センチメートル浮かす「揚げ屋」が
施されている状態。これから建物全体を北側に
1メートル移動させる「曳き屋」が行われる。
 
1階の入口周辺。
左手奥にある階段は解体されず、
柱とともに宙に浮かんだ状態。



■ 解体完了(平成26年10月)
当初は全解体の予定でしたが、建物状態が思っていたよりも健全であったことから、「半解体」に留められた。

1階事務室周辺。
床組を解体され、礎石を現した状況。
 
2階の小屋梁。




H26.01.16
1月16日電線引き込み工事完了




H26.01.08
正月休み終了6日から工事開始、架設も上がってきました。





H25.12.28
架設下方部分四方取囲。
旧鶴岡警察署庁舎は屋根もつき架設で覆われ順次検証しながら 解体がすすめられます。 H25年度事業は瓦がおろされるところまでです。


H25.12.26
架設設置工事中




H256.12.24
架設工事開始



H25.12.23
架設資材搬入



H25.12.11
内部パーテーション取外。
前は事務所として使用、荷物を移動するのに大変だったこと思い だします。
パーテーションで区切り使用していましたが、 こんなに広かったのだと改めて思いました。


H25.12.04
電柱移設工事




H25.11.28
電柱移設工事開始、 架設設置のため僅かな移設です。



H25.10.31
架設設置のため植栽がなくなった状態



H25.10.30
架設設置の為植栽移植等