□ 松ヶ岡開墾記念館
 □ 農具館
 □ 米作り用具収蔵庫


 ◇ トップページへ
 ◇ お知らせ


松ヶ岡開墾記念館〒997-0152
山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡29
☎0235-62-3985
※冬期(12月〜2月)
 致道博物館 0235-22-1199


◆ 営業時間:9:30~16:00
◆ 休業日:月曜日(9月まで)
    (祝日は開館)
※冬期機関(12/1〜3/8休業)

【交通】
  鶴岡駅より車で20分
  駐車場: 有り

【料金】
  一般  450円
  学生  350円
  小中生 150円

 団体(20名以上)
  一般  350円
  学生  250円
  小中生 100円




  □ 松ヶ岡本陣
  □ 新徴組屋敷
  □ 周辺施設


 

 




 

 

 

 





 

 

松ヶ岡本陣  創建:元和8年(1622) 移築:元和年間・明治5年(1872)


 茅葺き、檜造り平屋建てで、松ヶ岡開墾事業の本陣(管理事務所)となった建物です。 
 庄内藩第3代酒井忠勝が1622(元和8)年庄内入部の際、居城鶴岡城の整備のため仮殿「高畑御殿」を建てました。
 1686(貞享3)年、この高畑御殿の1棟を藤島下町(現鶴岡市西川原ー旧藤島町)に移し、藩主が江戸往復の際の「御茶屋」または「藤島本陣」と称し休憩所として用いられました。
 これを1872(明治5)年松ヶ岡開墾創業に際して再移築し、「松ヶ岡本陣」(管理事務所)となりました。
国指定史跡松ヶ岡本陣として3ヶ年かけた修復保存工事が行われておりましたが、平成13年4月竣工いたしました。現在松ヶ岡開墾場(松ヶ岡農場)が運営しており、一般公開されております。





気節凌霜天地知の箴は我が松ヶ岡の精神なり、之を服膺して節義廉恥を振起すべし

 「松ヶ岡開墾場綱領」
 「困難辛苦に遭遇した場合それを凌ぎぬく強い心(気節)を以て取り組めば天地の神も之を知り応えてくれる」といういましめ(箴)は我が松ヶ岡の精神である。これを服膺して道義の実行(節義)恥をしること(廉恥)この二つを振るいおこそう
出典: 中国元時代の人、王盤(おうばん)の七言律詩、題「文天祥を哭(こく)す」より

(写真右)西郷隆盛からおくられた箴言、酒井忠篤(第13代)書。





▲このページのTOPへ



松ヶ岡本陣入館料

【個 人】 大人 200円、学生 100円
      小中生 50円
【団体20名以上】 大人 100円、学生 50円
          小中生 20円


  お問合せ・ご予約:松ヶ岡開墾場松ヶ岡農場
        電話:0235-62-2173
      開館時間:午前10時~午後4時
       休館日:日曜日&祝祭日
       冬期間:12月1日~4月10日 

  貸会場:半日 4H 5,000円
      1 日    8,000円



▲このページのTOPへ