□ 松ヶ岡開墾記念館
 □ 農具館
 □ 米作り用具収蔵庫


 ◇ お知らせ


松ヶ岡開墾記念館〒997-0152
山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡29
☎0235-62-3985
※冬期(12月〜2月)
 致道博物館 0235-22-1199


◆ 営業時間:9:30~16:00
◆ 休業日:月曜日(9月まで)
    (祝日は開館)
※冬期機関(12/1〜3/8休業)

【交通】
  鶴岡駅より車で20分
  駐車場: 有り

【料金】
  一般  450円
  学生  350円
  小中生 150円

 団体(20名以上)
  一般  350円
  学生  250円
  小中生 100円




  □ 松ヶ岡本陣
  □ 新徴組屋敷
  □ 周辺施設





UPDATE


刀を鍬にかえ月山山麓の大原始林に挑んだ旧庄内藩士たちの開墾の魂

松ヶ岡開墾記念館

農具館

米作り用具収蔵庫

松ヶ岡開墾記念館(1番蚕室)は松ヶ岡開墾資料、蚕糸関係資料、土人形等田中正佐コレクションを展示しております。庄内農具館(4番蚕室)は、庄内の水 稲民間育種資料、庄内の米作り用具、そして民俗楽器(アフリカ・アジア)の展示しております。庄内の米作り用具収蔵庫は庄内の米作り用具を収蔵いたしております。
明治維新に際し、庄内地域の発展を願い、旧藩士3000名が開墾し、松ヶ岡開 墾場となづけられました。そして蚕室10棟を建設、蚕糸業を興し地域に貢献してまいりました。当時を髣髴とさせ威容を残している大蚕室5棟、本陣は、国 史蹟指定をうけました。その中で、当館は、松ヶ岡開墾記念館、 庄内農具館、 庄内の米作り用具収蔵庫を管理運営いたしております。
当館は3館共通の入館券 ですので3館ご覧いただけます。
なお当館友の会会員は会 員券でご入館いただ けます。






 

松ヶ岡本陣

新徴組屋敷